ノンちゃんのカラー日記
naturanon.exblog.jp

鈴木教子

by naturanon

natura ・color 代表
1962年11月1日生まれ
B型 数秘 3
マヤ暦 kin107
青い電気の手 銀河の音 3

マヤ暦鑑定士
月の満ち欠け講師
オーラソーマ・カラーセラピスト
パーソナル・カラー診断士
ヘナ施術講師
レイキヒーラー

趣味:知らないことを知ること
やりたいこと:未知なる冒険
最近氣になること:
自分はどんな種をまいているのか?
望む世界:
自分を大切に相手を大切にする世界

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お気に入りHPリンク

写真家 ピーターリック

楽園写真家 三好和義

アマンリゾート

7サミット極限への挑戦 ソロ・アルピニスト 栗城史多
e0171426_23585864.jpg

昨日19:30~NHK総合で、世界7大陸の最高峰の山々を、日本人で初めて単独で無酸素で制覇しようとしている登山家 栗城史多氏の特集をやっていました!

以下ホームページ一部抜粋
「7サミット極限への挑戦」
7 summit(セブンサミット)。世界7大陸の最高峰の山々を指す呼び名だ。
いま、この「7 summit」を日本人で初めて「単独・無酸素」で制覇しようとしている若者がいる。
栗城史多(27歳)。
8年前、進路に迷ってフリーターになり、今も“ ニートのアルピニスト”を自称する栗城は、
自らの登山をカメラ片手に撮影しながら登るというとんでもない挑戦も続けてきた。
危険な撮影に挑むのは、この激動の時代を生きる人々に登山を通して何かを伝えたいと考えているからだ。
以上

以下ノン
番組は、「7 summit」制覇という大スケールの挑戦と感動を余すことなく描いていました。
見ていてじんじん伝わってくるものがありました!
それは勇気なのか?生と死限界までの挑戦なのか?とにかく言葉にならないほど感動しました!

以下ホームページ一部抜粋
2003年、大学1年生の頃から登山家の道を志したという栗城史多さん。
翌年6月、海外初遠征となる北米大陸最高峰マッキンリーの単独登頂を成功させたのを皮切りに、
その後、過酷な自然条件と闘いながら数々の名峰を次々と制覇。
日本を代表するソロアルピニストとしての実績と地位を築いてきました。
ご本人曰く「山は征服するものではなく対話するもの。
山に認められ、はじめて登頂が可能になる」
のだとか。
目下、ソロとしては世界初となる“世界7大陸最高峰の登頂”という偉業を達成しようとしている栗城さん。
そのひたむきな姿に、注目の眼差しが集まっています。

栗城史多ブログ
[PR]
by naturanon | 2010-01-04 23:58 | メッセージ・セミナー