ノンちゃんのカラー日記
naturanon.exblog.jp

鈴木教子

by naturanon

natura ・color 代表
1962年11月1日生まれ
B型 数秘 3
マヤ暦 kin107
青い電気の手 銀河の音 3

マヤ暦鑑定士
月の満ち欠け講師
オーラソーマ・カラーセラピスト
パーソナル・カラー診断士
ヘナ施術講師
レイキヒーラー

趣味:知らないことを知ること
やりたいこと:未知なる冒険
最近氣になること:
自分はどんな種をまいているのか?
望む世界:
自分を大切に相手を大切にする世界

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お気に入りHPリンク

写真家 ピーターリック

楽園写真家 三好和義

アマンリゾート

写真家ピーター・リック 『ターン・スカーレット』
e0171426_22251238.jpg

2年前にku-miとオアフ島(ハワイ)のワイキキ・ビーチ・ウォークを歩いていたら、
あるギャラリーの前で、
からだにビビッと戦慄が走りましたっ!
e0171426_22515893.jpg
e0171426_22521126.jpg
オーストラリアの写真家ピーター・リック氏の写真!
写真から神々しい光が発せられていて、
まさに魂の写真 聖なる写真
特にアリゾナの『ターン・スカーレット』の写真に強く魅了されました!
ピーター・リック氏はわたしが一番好きな写真家です。

ピーター・リック氏は、アリゾナの作品の撮影時について次のように語っています。
「アリゾナ州のアンテロープ・キャニオンで、温かさと光を招く一つの入口を見つけた。
午後の輝きが洞穴に差し込む中、この場所で待った。
もの凄い光が溢れ出し、渓谷の壁に向かって鮮明な色がゆっくりと正体を現した。
それは毎日午後に行われている光の儀式、ダンスであった。
何時間もそこで待っていたような気がする。自然が再び私を誘惑した。
その瞬間に居合わすことができた私は、この作品を『ターン・スカーレット』と命名した。
光が角度を変えて構成を高め、全てが整列した。
太陽の生のエネルギーがそこにあったかのように感じた。
そうでなければ、太陽がこの一瞬の宝物を私に与えてくれたとしか思えない。」

昨日meguちゃんと逢っていた時に、
何故かアリゾナの『ターン・スカーレット』の映像が見えました。
meguちゃんは昔アリゾナにいたのかな・・・

感謝。
[PR]
by naturanon | 2010-06-13 22:21 | お気に入り絵・写真