ノンちゃんのカラー日記
naturanon.exblog.jp

鈴木教子

by naturanon

natura ・color 代表
1962年11月1日生まれ
B型 数秘 3
マヤ暦 kin107
青い電気の手 銀河の音 3

マヤ暦鑑定士
月の満ち欠け講師
オーラソーマ・カラーセラピスト
パーソナル・カラー診断士
ヘナ施術講師
レイキヒーラー

趣味:知らないことを知ること
やりたいこと:未知なる冒険
最近氣になること:
自分はどんな種をまいているのか?
望む世界:
自分を大切に相手を大切にする世界

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お気に入りHPリンク

写真家 ピーターリック

楽園写真家 三好和義

アマンリゾート

流してなかった涙
e0171426_1853362.jpg

最近よく見て松原照子さんのブログを読んでいたら、
照子さんの慈悲深く優しいこころに、
がまんしていた深いところからの涙が
とめどなく溢れてきました。

以下
感謝心を持てる心を
Date: 2011.04.29 | Category: 世見 | Response: 0

流れ行く雲を見つめていると、
「ふるさと」の歌を、口ずさんでいました。 
 うさぎ追いし かの山・・・

都会育ちの私には、
この歌の内容のような光景は思い出せませんが、
この歌詞にあるように、ふるさととは思い出が詰まった場所です。
私が40年近く住んだ神戸も、青春時代の思い出の場所が、
あの阪神淡路大震災で消えてしまいました。
 
オードリー・ヘップバーンを観に行った映画館、
友と語った有名ではない公園、
育った街は全て焼け果て、
思い出は目の奥に記憶した影色だけしか残っていません。
被災地の皆様のお気持ちをどうとらえていいのかは、
体験したことのある方しか分からないことでしょう。

私は阪神淡路大震災の時、
大阪に住んでいたので大きな被害はありませんでしたが、
新大阪駅もホームはかなり大変になっていました。
 
あれから17年が経ち、
神戸の街々も震災以前とあまりかわらずに動いていますが、
私が育った街々は、裏手に行くとまだ空き地があるようにも映ります。
17年という月日が、短いのか長いのかは人の心の中にあり、
神戸の人達の胸の内にはあの日のことが未だに刻まれていると思われます。

このたびの被災地は、現在まだ進行中です。
埼玉の我家でも、宮城で震度4の揺れがあると揺れを感じます。
「アッ 又 揺れた」
と思えるのですから、
震源地の皆様はもっと心が萎えておられることでしょう。

「元気を出して」「頑張って」

どんな言葉をかけるよりも、少しでも明るい未来が見えないと、
人々は心を病んでしまいます。
 
「福島原発事故」も未来に不安を与えていて、
いつ終止符が打てるのかとご心配のことと思います。

今日は朝から、被災地の皆様がどのように書くと、元気になって頂けるのかと、
考え続けているのですが・・・。

でもネ、やっぱり日本人の気質って、
世界に誇れる忍耐強さはずば抜けているとしか思えません。

それと団結力もです。
ご自分達はもっとスピードを上げたいと思われておられますが、
自力のパワーは神技と思える力強さがあり、
東北人の頑張りは都会人では考えられないエネルギーがあります。

私の見える世界では、
この秋には漁港から船も出発します。
田畑は、少しお休みになるかもしれませんが、
学校に通う子供達も明るい笑顔を取り戻し、
どこの酒造なんだろう、
事業を再開させるために動き始めています。

自力で復興を目指す人々の力強さは、
見ていても心地が良く人間力の凄さに圧倒されます。

「年内の、辛抱ですよ」
勇気を持って、一歩一歩、歩みだして下さい。

小さなお店も、
ひとつまたひとつと開店し始めています。

昨日が、大地震から49日目でした。
今日は、50日目。
100日目には、被災地のエネルギーはパワーアップされます。
それよりなによりも、
被災しなかった私達が、被災した方々のことをいつも心に思い、
日本人一丸となって自然災害に立ち向かうことです。

日本は今回の地震で、
地下が大きな変化をせざるを得ない状態になってしまいました。
そのために、しばらく揺れは覚悟が必要です。
だからといって、心配して待っていたら体内のエネルギーがダウンします。
内陸部は津波の心配はありません。
それゆえに、備えあればと日頃から何か起きた時の行動を考えておいてください。

皆様の心に、今あるものは「不安」だと思いますが、
不安に思われる前に、
今、生きていることを喜び、
自分に与えられていることをおやりになることです。

そして愛する人には、
愛を言葉や行動で表し、
後で後悔をしない日々を送ってください。
思いやりの精神と笑顔は、必ず自然界にも通じて、
我が国に明るい毎日がやってくることでしょう。

被災地のニュースが、少なくなりかけている今、
改めて私達は感謝心を持てる心を育てようではありませんか。

以上
e0171426_18183949.jpg

感謝。
[PR]
by naturanon | 2011-04-29 18:04