ノンちゃんのカラー日記
naturanon.exblog.jp

鈴木教子

by naturanon

natura ・color 代表
1962年11月1日生まれ
B型 数秘 3
マヤ暦 kin107
青い電気の手 銀河の音 3

マヤ暦鑑定士
月の満ち欠け講師
オーラソーマ・カラーセラピスト
パーソナル・カラー診断士
ヘナ施術講師
レイキヒーラー

趣味:知らないことを知ること
やりたいこと:未知なる冒険
最近氣になること:
自分はどんな種をまいているのか?
望む世界:
自分を大切に相手を大切にする世界

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お気に入りHPリンク

写真家 ピーターリック

楽園写真家 三好和義

アマンリゾート

1/4の奇跡
e0171426_23524416.jpg

e0171426_2026564.jpg
今日はヒーリング画家のmanamiちゃんと、
自主上映の映画で入江富美子監督作品の
1/4の奇跡(本当のことだから)
を観にいってきました。

監督の入江富美子さんが
『この宇宙に感謝の量を増やす映画を創る。それが私のミッションだ』
と突然ひらめき作った映画。

特別支援学校の教諭かっこちゃんこと山元加津子さんへのインタビューを中心に
いのちの神秘を描きだしたドキュメンタリー映画でした。
e0171426_2016553.jpg

病気も障害もみんな大切!
すべてが恵み!
どんな人もみんな大切で繋がってる!

そのことをみんなが当たり前に知っている世の中にして!
と雪絵ちゃんから頼まれた入江富美子さんが渾身の思いを込めて作った映画です。
自主上映でその輪は海外にも広がり、
世界14ケ国で上映されているそうです。

映画の中で、
難病を抱え生きている雪絵ちゃんの言葉が心に残っています。
雪絵ちゃんは難病でだんだん目が見えなくなったり、
手足が動かなくなって最後は意識不明になって亡くなりました。
その雪絵ちゃんが、
『私ね 目が見えなくなったら目に、
足が動かなくなったら足に、
ありがとうって言うの。
だっていままで私のために精一杯頑張って動いてくれたんだもの。
雪絵は雪絵で良かったよ。
病気の雪絵だったからみんなと会えたんだもの。しあわせだよ。』

その雪絵ちゃんの言葉を聞いて胸がいっぱいになりました。

かっこちゃんの言葉、
難病で亡くなった雪絵ちゃん言葉、
ひと言ひと言が魂の奥に響いて、
人ってこんなにも謙虚になれるんだ、
人ってこんなにも優しくなれるんだ、

と涙が溢れとても感動しました。

映画を誘ってくれたshinobuさん、
ひとつ返事で快く一緒に観に行ってくれたmanamiちゃん、
心からありがとうございます。

感謝。
[PR]
by naturanon | 2012-01-28 23:32 | お勧め本・映画・DVD・テレビ