ノンちゃんのカラー日記
naturanon.exblog.jp

鈴木教子

by naturanon

natura ・color 代表
1962年11月1日生まれ
B型 数秘 3
マヤ暦 kin107
青い電気の手 銀河の音 3

マヤ暦鑑定士
月の満ち欠け講師
オーラソーマ・カラーセラピスト
パーソナル・カラー診断士
ヘナ施術講師
レイキヒーラー

趣味:知らないことを知ること
やりたいこと:未知なる冒険
最近氣になること:
自分はどんな種をまいているのか?
望む世界:
自分を大切に相手を大切にする世界

以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お気に入りHPリンク

写真家 ピーターリック

楽園写真家 三好和義

アマンリゾート

<   2009年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧
海人 いざ新たな海へ
e0171426_0314589.jpg

アトランティスの海人が、新たな海探しに田代島へいざ出陣!!
いい風受けて、いい笑顔~!!

あまり知られることのない田代島の海は、まさにクリアブルー!!
透明度がすこぶる高く、軽く10mはスコーーン!!すごっ!!
今度行ってみよう~っと!!
[PR]
by naturanon | 2009-06-06 00:31 | つぶやき
笑う犬
e0171426_0474787.jpg

チビ なに笑ってんの?
(笑うわけないか・・・)

チビ なに考えてんの?
(考えるわけないか・・・)

いつもあるがまま・・・学ぶな~
[PR]
by naturanon | 2009-06-05 00:47 | メッセージ・セミナー
風が通るcafe “坐・カフェ”
e0171426_11502313.jpg

仙台の大町通りと晩翠通りの交わったところに、そのcafeはある・・・
風がさらさら~と心地よく通るゆったりまったりcafe“坐・カフェ”
仙台市青葉区大町1-3-7横山ビル1階
022-266-4632
http://yaplog.jp/za-cafe/

昨日久しぶり坐・カフェに行ったら、名物の大根カレーの仕込みをしてたよ。
サイコロ状に切った有機大根とクミンシードを、しんな~りするまで炒めていて、クミンシードの香りがなんともエスニックで食欲そそるな~!あ~たまらなくいい匂い~!
今から鍋に入れるという細かく刻ん生姜とニンニクの量のあまりの多さにぶったまげ~!!
あちゃー体にめっちゃ良さそう~!!発汗dietカレーだね!\(゜□゜)/
コーヒーも有機栽培豆で一口飲んだらあまりに美味しくて『このコーヒーおいしいっ~!!』と思わず立ち上がってしまったっ!!みんなに笑われてしまったけどね・・・ハハハハ(^∀^;)

何よりスタッフのみなさんの自然体~なところが癒される~(*^∀^*)。
ホッと落ち着けるこころの安らぎ空間に感謝~感謝~。
[PR]
by naturanon | 2009-06-03 11:50 | 温泉・cafe・店
何歳になっても・・・女性は・・・
e0171426_1295670.jpg

年齢に負けない美しいBody makeとDietの為に、
リズミカルな音楽にノッて就寝前プチ筋トレを久しぶりに再開(^∀^)v!!
かなり久しぶりだったので、
軽く腹筋100回・スクワット・ストレッチ・骨盤ローリング~!
体を動かすと血流がすいすいと流れて、あ~体が軽い!寝起きもスッキリ!

先週、仙台国際ホテルで行われた
“フェロモン美容吉丸美枝子セミナー”の中で女史は、
『鏡にオードリーヘップバーンの写真を貼って、鏡の中の自分にではなく、オードリーヘップバーンの写真にむかって、“私ってきれい!!”と24年間唱え続けた結果です!』と言っていました!!
60歳には見えないあまりの若々しさに、ビックリビックリ!!
60歳になっても今なお若々しく魅力的で美しく輝いているのは、
“潜在意識を賢く活用してイメージトレーニングをしてきた結果なんだ”と、
改めて女史の美へのあくなき執念に脱帽~!!
さらに女史は、自分の似合う色・似合う素材・似合う形をよく熟知していて、
セルフプロデュースの素晴らしさにまたまた脱帽~!!

60歳という年齢に負けない女史の生き方にかなり刺激を受けて、
久しぶりにプチ筋トレを再開したノンでした・・・
[PR]
by naturanon | 2009-06-02 01:29 | メッセージ・セミナー
しあわせはいつも自分のこころがきめる
e0171426_1141186.jpg

相田みつをさんは、わたしの大好きな詩人であり書家。
みつをさんの魂からの言霊は、いつもこころに・・・魂に・・・響きこだまします。
何度その温かく優しい慈悲の言葉に、救われたことか・・・。
相田みつを美術館
http://www.mitsuo.co.jp

以下ホームページより一部抜粋
書家・詩人として、誰のまねでもない、自分の書、自分の言葉を探求し続けた相田みつを。
戦中戦後の動乱期に青春時代を過ごし、「いのち」の尊さを見つめながら、独自のスタイルを確立し、多くの作品を生み出した。
「私は書という形式を借りて、人間としての本来的な在りようよう、本当の生き方を語りかけているだけなんです・・・」
~おかげさんダイヤモンド社より~
自分の弱さや甘えを正直にさらけだし、人間である自分をあるがままに表現した相田みつを。
その作品は、いまを生きる人々の心の中に、あるときはしみじみと、あるときは力強く語りかけてきます。
以上

『しあわせはいつも自分のこころがきめる』みつを

“きめる”というのが、ん~かなり深い。。。
きめるということは、潔い自己責任。。。

たとえ・・・
体に障害があったとしても、
しあわせとこころがきめればしあわせ・・・
たとえ・・・
今日食べるものがなく飢えていたとしても、
しあわせとこころがきめればしあわせ・・・
たとえ・・・
愛する人と一緒になれないとしても、
しあわせとこころがきめればしあわせ・・・
たとえ・・・
余命いくばくもない命だとしても、
しあわせとこころがきめればしあわせ・・・
たとえ・・・
先が見えなくて不安や怖れがあったとしても、
しあわせとこころがきめればしあわせ・・・
たとえ・・・
何もないとしても、
しあわせとこころがきめればしあわせ・・・
[PR]
by naturanon | 2009-06-01 01:14 | メッセージ・セミナー