ノンちゃんのカラー日記
naturanon.exblog.jp

鈴木教子

by naturanon

natura ・color 代表
1962年11月1日生まれ
B型 数秘 3
マヤ暦 kin107
青い電気の手 銀河の音 3

マヤ暦鑑定士
月の満ち欠け講師
オーラソーマ・カラーセラピスト
パーソナル・カラー診断士
ヘナ施術講師
レイキヒーラー

趣味:知らないことを知ること
やりたいこと:未知なる冒険
最近氣になること:
自分はどんな種をまいているのか?
望む世界:
自分を大切に相手を大切にする世界

以前の記事
カテゴリ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お気に入りHPリンク

写真家 ピーターリック

楽園写真家 三好和義

アマンリゾート

<   2010年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧
あんこ大〜好き
e0171426_1240769.jpg

いやぁ~
“あんこ”と“なかおの珈琲(フレンチロースト)”があれば、
幸せ幸せ~(≧∀≦)
まじっす!

焼くとカリッとうまい“ラルカンシェール(生協のパン屋)のホテルブレッド”に、
溶かしバターを乗せて、オープントースターで焼き色つく位軽く焼いて、
仕上げにあんこ(餅よし)を乗せて食べたら、
キャーやっばいっす!(≧∀≦)
うまうま過ぎ過ぎ~!


あんこなら、たい焼きも大福もおはぎもだんごもあんパンも大好き大好き~(^ε^)♪
一日に一回は必ずあんこ食べまっす!
だからお通じも、毎日快調快調ス~イスイ!

最後の晩餐に食べたいものと聞かれたら、
もちろん“あんこ”と“なかおの珈琲”と答えるさ~(b^∀゜)
器・木炭焙煎珈琲 なかお
[PR]
by naturanon | 2010-01-15 12:40 | ノン流生き方
どんと祭 Fire! Fire! Fire!
e0171426_22595838.jpg

正月飾りを燃やし、無病息災を祈る、
小正月の伝統行事「どんと祭」が昨日、うちの前の公園で行われた。
この冬一番の寒さの中、大勢の人たちが燃え上がる御神火に手を合わせた。

炎・炎・炎・・・それはそれはすっごい迫力で、
燃え盛る赤い炎がまるで赤い竜の乱舞に見えた!すごかった!
[PR]
by naturanon | 2010-01-14 22:59 | つぶやき
沖縄のかっちゃん
e0171426_151226.jpg

沖縄の友達かっちゃんが、
ティーダのスピリチュアル部門で5位に選ばれた!!
うひょ~!!(≧∀≦)
おめでとう~!!\(^∀^)/
カモミールティー


沖縄のかっちゃんとは、
おととし12月に沖縄で行われた“マヤシンクロパーティー”で知り合って以来の仲!(^ε^)♪
e0171426_10274719.jpg

沖縄のかっちゃん(写真真ん中・和服女性)は、
ヒーラーであり、ヒーリングスクールの講師であり、スピリチュアル画家であり、
アロマテラピストであり、マクロビ料理教室の講師であり、
ごくごく普通の主婦である(ここがポイント!!(b^∀゜))。

1年前に初めてかっちゃんの絵を見た時、
今まで見たことのない宇宙的でみずみずしい感性に一目惚れ!!(*^∀^*)

かっちゃんは、
インスピレーションで感じたものを絵にしていき、
どの絵も慈愛に満ちていて元気にしてくれる魔法の絵!!
上の絵は、アトランティスをイメージして描いてもらいました!

宇宙的感性を持ちながら、
日常の何気ない出来事ひとつひとつを大切に生きていて、
バランスがとれている憧れの女性~!!

かっちゃ~んこれからも一層の活躍を期待していま~す!\(^∀^)/
[PR]
by naturanon | 2010-01-10 01:05 | お気に入り絵・写真
アートイベント FROM HOMEのご案内
e0171426_21343018.jpg

宮城野高校同窓会を中心に結成された、
FROM HOME
人と人がつながるアートを発信します。

第1回 FROM HOME 主催イベント
開催期間:
 2010年1月9日(土)〜1月17日(日)
メイン会場:
 artroom Enona
  青葉区一番町1-5-31
    大友ビル2F
     0227212181
  12:00〜21:00
  (土日祝18:00まで)
内容:
★同窓生・在校生の公募展
★アートマーケット
★一般参加型ワークショップ

プレイベント
 1月9日(土)15:00~16:00
会場:
 Apple Store
ゲスト:
 Nozaki Sakura

詳しくはHPにて
  www.fromhome.jp
[PR]
by naturanon | 2010-01-05 21:21 | つぶやき
feel good
e0171426_10243034.jpg

今年は特に、
何かをイメージした時に、
快な気分(feel good)になることは、
潜在意識が求めていることなので “やる”!

何かをイメージした時に、
不快な気分(feel bad)になることは、
潜在意識が求めていないことなので “やらない”!

ワクワクすると、
ワクワクの波動を呼んで、ますますワクワクしちゃうので、
ワクワクすることにだけに集中しようーーーーー!

さらに改めて、
相手を批評・評価しない!
マイナスな言葉を使わない!
静寂な時間を作る!

1月1日から、
またまた“余命一年ゲーム”スタートしたよ!
たかがゲーム! されどゲーム!
[PR]
by naturanon | 2010-01-05 00:21 | メッセージ・セミナー
7サミット極限への挑戦 ソロ・アルピニスト 栗城史多
e0171426_23585864.jpg

昨日19:30~NHK総合で、世界7大陸の最高峰の山々を、日本人で初めて単独で無酸素で制覇しようとしている登山家 栗城史多氏の特集をやっていました!

以下ホームページ一部抜粋
「7サミット極限への挑戦」
7 summit(セブンサミット)。世界7大陸の最高峰の山々を指す呼び名だ。
いま、この「7 summit」を日本人で初めて「単独・無酸素」で制覇しようとしている若者がいる。
栗城史多(27歳)。
8年前、進路に迷ってフリーターになり、今も“ ニートのアルピニスト”を自称する栗城は、
自らの登山をカメラ片手に撮影しながら登るというとんでもない挑戦も続けてきた。
危険な撮影に挑むのは、この激動の時代を生きる人々に登山を通して何かを伝えたいと考えているからだ。
以上

以下ノン
番組は、「7 summit」制覇という大スケールの挑戦と感動を余すことなく描いていました。
見ていてじんじん伝わってくるものがありました!
それは勇気なのか?生と死限界までの挑戦なのか?とにかく言葉にならないほど感動しました!

以下ホームページ一部抜粋
2003年、大学1年生の頃から登山家の道を志したという栗城史多さん。
翌年6月、海外初遠征となる北米大陸最高峰マッキンリーの単独登頂を成功させたのを皮切りに、
その後、過酷な自然条件と闘いながら数々の名峰を次々と制覇。
日本を代表するソロアルピニストとしての実績と地位を築いてきました。
ご本人曰く「山は征服するものではなく対話するもの。
山に認められ、はじめて登頂が可能になる」
のだとか。
目下、ソロとしては世界初となる“世界7大陸最高峰の登頂”という偉業を達成しようとしている栗城さん。
そのひたむきな姿に、注目の眼差しが集まっています。

栗城史多ブログ
[PR]
by naturanon | 2010-01-04 23:58 | メッセージ・セミナー
今年のテーマ『赦す』
e0171426_18295871.jpg

ぎっくり腰になって、
寝たきりになって3日目…

今回は病気や怪我や高齢で動けない人のつらさ・大変さを、
ほんの少しだけ経験したね。

動けるってほんとありがたいね。

今年のテーマは、『赦す(許す)』

宮崎のアマテラス縁の地“天の安河原”の橋の上に立った時、
流れる清流を見た時にすっと入ってきたメッセージ。

相手も…自分も…許すことができれば、
とらわれることなくいつも平安だね。
[PR]
by naturanon | 2010-01-03 18:29 | メッセージ・セミナー
新年明けたらぎっくり腰
e0171426_1237567.jpg

昨夜から腰がなんかやばいって思っていたら、
なんとっ!??? あちゃーーーーーーー!!!
ぎっくり腰になってしまった~!?\(゜□゜)/
頑張りすぎた・・・(((゜д゜;)))

立てないから、トイレ行くのがめちゃ大変・・・
3日間は寝たきりだーーー(((゜д゜;)))

ん?ん?満月の日にぎっくり腰!???
強制的に動けないってことだから、
『もっと家族やみんなに頼りなさい』
っていうメッセージなのかな??????
[PR]
by naturanon | 2010-01-01 12:37 | つぶやき
お正月に満月
e0171426_148537.jpg

新年明けましておめでとうございます

今日はお正月が満月です。
満月はその人の持つカルマが強く表れる時なので、
各地でいろんなことが起こってもおかしくない日ですね。

2010年はどんな年になるのかな~?

経済学者や統計学者や科学者がいろんな予測をしているけれど、
すべては意識次第と言われているから、
みんなひとりひとりが意識を高くもって、
自分を愛するように他者を愛することができれば、
平和な世の中になりますね。
そう祈ります。
[PR]
by naturanon | 2010-01-01 01:53 | 月の満ち欠け